タグ:西日本豪雨 募金 福岡 ( 1 ) タグの人気記事

只今DFGでは西日本豪雨子どもサポート募金を設置してます。


2018/8/31 (Fri)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。



現在DFGでは
西日本豪雨子どもサポート募金箱を11月30日まで設置しております。


今年の7月に猛威をふるった西日本豪雨、
西日本を中心に大きな被害をもたらしました。

現在の状況はあまりメディア等で発信されていませんが、
今も尚被害に悩まされている被災者達がいます。

被害が甚大だった岡山県倉敷市、
真備町の6つある小学校のうちの3校、中学校は2校と床上浸水等の被害を受け、
残りの無事だった3つの小学校には避難所が開設されています。

今年の7月に被害を受け、そのまま夏休みに入り、
今も避難所で毎日を過ごす真備町の子ども達がいます。


2日前、NPO法人カタリバさんへお電話をして現在の状況を聞かせて頂きました。
以前考えておりました救援物資の提供のお話をしたところ、
現在は充分な救援物資が到着しており、受付が終了しているとの事。
e0298685_16033533.jpg

現在問題となっている事が以下の事です。

避難所が学校、体育館、知人や親戚の家等に分散されているため、
行政や学校が子ども達の居住場所、状況を把握出来ず、
宿題の配布、塾の無償支援、学習室の開設等が予定されていますが、
その情報を保護者や子ども達に届ける事が困難の状況にあり、
学習の遅れが懸念されます。


また家族が家の復旧作業等で忙しく、
友達と避難先も分かれてしまっている事で、
友達と遊んだり、悩みを打ち明けあえる相手が居ない状況で子ども達は過ごして居ます。
東北や熊本の被災地でも、直後には見られなかった子ども達のここの不安定さが、
時間がたってから顯在化してきて居ます。
自分の気持ちを気を遣わずに吐露できる存在や、安心して過ごせる場所が必要です。
e0298685_16033524.jpg

今回皆様からご寄付頂きました寄付金は、
12月1日に「NPO西日本豪雨子どもサポート募金」様へお渡しし、
ご寄付先の岡山県倉敷市真備町へ、上記の問題に対して当てて頂きます。

店頭にて募金箱を設置しておりますので、
もし宜しければ募金を宜しくお願い申し上げます。



info
DoctorFeelgood
092-532-0200
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

by doctorfeelgood | 2018-08-31 16:06 | お知らせ | Comments(0)