カテゴリ:日々の出来事( 87 )

展示会2周目 ko-yaの展示会日記 2019春夏コレクション


2018/10/28 (Sun)


いつもDoctorFeelgood BLOGを
ご覧下さいまして有難う御座います。


2019春夏 collection 展示会二週目、
昨日東京出張から戻りました!

今回のBLOGは
各ブランド2019春夏 collectionを少しだけご紹介。
新しい新作アイテムラインナップに加え、
店頭でのご予約会も決定したブランドも御座います!



展示会初日、
1軒目にお邪魔したブランドは、
FACETASM
2019春夏pre

期中のコレクションとして制作されたアイテムラインナップです。

2018秋冬コレクションにて人気を博したduct tapeシリーズの復活、
east packとのコラボレーションアイテムも展開しており、
改良も加えられた新作アイテム達となっております。

ブランドらしいポップなアイテム作り、
ユニークでありキャッチーなディテールを持ち合わせたクリエイションです。
e0298685_16470739.jpg
e0298685_16470992.jpg
本物のガムテープを貼り付けたかの様なディテールを、
洋服の一部に落とし込んだduct tapeシリーズ。

2018秋冬シーズンでも人気を博したモデルとなっており、
2019春夏プレコレクションでは
新たな改良を加えたモデルとして制作されております。

そして2019春夏プレコレクションならではの
EAST PACKコラボレーションアイテム。

ベーシックな型を使用しつつも一目でわかる
FACETASMらしいクリエイションです。

デザイン、機能面と充実しておりますが、
プライスの面も大きな魅力となっております。





2軒目は
DECO depuis1985
2019春夏 collection 展示会場へ。
e0298685_16450431.jpg
e0298685_13554913.jpg
e0298685_16450250.jpg
e0298685_16450586.jpg

こんな時代だからこそ、私達女性が出来ることは..
そんな想いを胸にクリエイションされた2019春夏コレクション。

今のご時世へのメッセージを込めた洋服、
だけれどもやっぱり根底にある好きなものはいつの時代も大切にしたい物で、、
作り手の想いを反映させた素晴らしいクリエイションとなっております。

DECO depuis1985
2019春夏 collection
店頭でのご予約会も決定致しました。

11月7日(水)
11月8日(木)
11月9日(金)
11月10日(土)
11月11日(日)
11月12日(月)
11月13日(火)
11月14日(水)

こちらの期間限定で開催させて頂きます。
また日にちが近づきましたらinstagram、BLOGにて告知させて頂きます。




3軒目にお邪魔させて頂きました
JUVENILE HALL ROLLCALL
2019春夏 collection
e0298685_16451824.jpg
e0298685_16451512.jpg
e0298685_16451640.jpg
e0298685_16451720.jpg
e0298685_16451423.jpg

死亡遊戯をテーマにコレクションを発表。

カンフージャケット、チャイナシャツと、
香港アクション映画を彷彿とさせる目を引くアイテム達。

毎シーズンテイストは変わってもJUVEにしか演出できないこの世界観、
アイテム単体の存在感は勿論ですが、
パターニング、細かいディテールに置いても魅力の詰まった作りとなっております。

ヴィンテージライクなJUVEteeに
ブルーのデニムパンツ、プリーツキルトをレイヤーし、
ホワイトのキャップに19春夏のテーマである"死亡遊戯"のテープを貼り付けた
デザイナー入江氏に展示会場にてお話を聞かせて頂きました。

最近はヨーロッパよりもアジア圏に足を運ぶことが多く、
香港や台湾に興味を持つきっかけになったのが、
香港アクション映画"死亡的遊戯"だったそうです。

その知名度ゆえにファッションに落とし込むには
難易度の高いテーマではありますが、
JUVEの作品として見事に着地させておりました。

コスプレに寄る事無くブランドらしさを樹立させた"死亡遊戯"

来春JUVEもどうぞ楽しみにお待ちくださいませ!174.png



info
DoctorFeelgood
092-532-0200
お気軽にお問い合わせ下さいませ。




by doctorfeelgood | 2018-10-29 14:50 | 日々の出来事 | Comments(0)

I LOVE LONDON! 


2018/10/3 (Wed)


いつもDoctorFeelgoodBLOGを
ご覧下さいまして有難う御座います。


本日2回目のBLOGは
ロンドン旅行記の後編を綴らせて頂きます174.png
e0298685_17410146.jpeg
west minsterで見かけた大好きな帽子職人のアイツ。


以前のBLOGではホテルが仮予約で抑えられていなかった初日、
タバコを黒人高校生にカツアゲされた2日目までを綴らせて頂きました。

3日目の朝は小雨が降っており、
teeシャツに革ジャンはかなり寒かったです。気温は何と5度。
e0298685_17420004.jpg
クリスプス(日本で言うポテチ)を朝ご飯にして
ホテルからコヴェントガーデンまで移動、
クリスプス最高に美味しいです。

e0298685_17581227.jpg
そこからトラファルガー広場までまた移動し、
行ってみたかったナショナルポートレートギャラリーへ行きました。
e0298685_19551252.jpeg
♪radioheadのcreepを奏でるお兄さん。
朝からめちゃめちゃかっこよかったです!


e0298685_17421484.jpg
e0298685_17421664.jpg
e0298685_17422064.jpg
e0298685_17422363.jpg
e0298685_17422667.jpg
e0298685_17423431.jpg
e0298685_17423187.jpg
入場料無料で回れ、写真撮影もOKです。

寒かったからか、お腹が減ってたからか、
絵見すぎて頭回らなくなったからか

ゴッホのひまわりとピカソの絵と、
絵の中の人の靴ホグみたいだなーって記憶しかありません
スミマセン153.png

額縁に入っている貴重な絵も素晴らしいですが、
このナショナルポートレートギャラリーも威厳ある素晴らしい佇まい、
空間がアートですね。


ナショナルポートレートギャラリーを後にして、
お昼ご飯を食べにchina townへ。
e0298685_18303190.jpg
何故china townかと言うと、
現地でアテンドしてくれた友達に
ロンドンらしいご飯屋に行きたいとお願いしたから。
友達曰くロンドンを語る上で欠かせないロンドン飯が
china townのダックライスだそう。

店内に入ると僕らの時だけいらっしゃいませがロケンロ〜〜。

肝心のダックライスは
白いお米の上に茶色の鶏肉、その上に茶色いソースのかかったもので、
ジャリジャリしたダックかもわからない鶏肉、甘くもなく辛くもないソース、
おまけの店員の接客態度と、最高に美味しかったです。
e0298685_18315144.jpg
店前で撮った写真、表情が全てを物語っております!


china townを後に、お土産を買いにwords endへ、
kings roadまではあっちゃーな草の焼ける匂いのするバスで1時間移動。

e0298685_17432230.jpg
日本人スタッフも立っておられ、
コミュニケーションには困りませんでした。

洋服について事細かに説明下さった日本人スタッフの方とは
amiさんの繋がりから共通の話題で盛り上がりました。


お土産を買った後はcamden townへ移動、
e0298685_17412154.jpg
camdenのDr Martens
展示してある物がすごい!!
e0298685_17412395.jpg
clashの機材、ジョーのシャツ、

e0298685_17412681.jpg
スージーのシグニチャーマーチン、
サイン入ってるすげえ!

e0298685_17413277.jpg
BUZZ COCKSシグニチャーマーチン、
ピートシェリーのサインすげえ!

camdenは若者が多く、
活気あるストリートにはロンドンパンクスがいました。

トイレのためにふらっと入ったパブにも
PISTOLSの写真が額縁に入ってました。
e0298685_17432611.jpg
音楽のカルチャーが日常に浸透しているロンドン、
美術館の絵よりテンション上がりました。

3日目のその日は格闘技の英国チャンピオンの防衛戦だったらしく、
スクリーンで試合を観れるパブへ行きました。

格闘技への国民性はすごいもので、
大人も大はしゃぎのお祭り騒ぎ。

イギリス国籍の黒人チャンピオンを、
白人も黒人も含めてみんなで応援している姿が素敵でした。

カムデンからはunder groundでホテルの最寄りまで移動、
同じ地下鉄の中にはパンクス、スキンズ夫婦、斜め前にメタラーカップル、
面前にK-popの人とかなり面白い光景。

若者カルチャーを生んだロンドンは、全てのカルチャーを受け入れてました。
バックボーンとして生きるカルチャーが違っても、思想が違ってもです。

その後雨に濡れてホテルへ帰りました。
有意義な3日目を終えました。



強い雨の降る4日目。最後にロンドンで遊べる日。
関係ねえやってteeシャツに革ジャンで出かけました。

最初に訪れたのは大英博物館。
e0298685_17430317.jpg
e0298685_17430881.jpg
e0298685_17431127.jpg
e0298685_17431612.jpg
古代の文字盤や遺跡、ミイラ等、
好きな人にとったらとんでもなく魅力的な空間です。

僕の脳みそからするとレベルが高過ぎたようで、
理解に苦しみ小一時間で退散しました。


これまでTHE ロンドンな食べ物はほぼ口にしておらず、
バーキンやケンタッキーばっかり食べてはダメだとここにきて初めて
イングリッシュブレックファーストを食べました。
e0298685_19214014.jpg
ロンドンの食べ物はあまり美味しくないと聞きますが、
ダックライス以外は最高に美味しかったです!


ロンドンの天気は一日中晴れや一日中雨はあまり無いようで、
tower hamletsへの移動中にはすっかり晴れ模様になっていました。


e0298685_17432753.jpg
e0298685_17434346.jpg
e0298685_17434468.jpg
e0298685_19370704.jpg
♪Ben E Kingのstand by me♪

お土産を探しに向かった古着屋では当時のセッズのガーゼや、
当時物のポスターを展示してありました。
e0298685_17435979.jpg
e0298685_17440046.jpg
e0298685_17440169.jpg
e0298685_17440250.jpg
たまたま入った店内でレコードをお店用のお土産として購入、
店頭にあるので見て見てくださいね174.png

夕方過ぎまで時間を費やして最後の夜はcamdenのパブへ、
e0298685_17441412.jpg
e0298685_19554308.jpg
e0298685_19551204.jpeg
ゆっくり街並み見ながら歩いた最後の日のロンドンは最高に綺麗でした。
夕日に移るbig ben、rondon eye、
BGMはストリートのお兄さんが奏でる
♪oasisのdon't look back in anger
イメージしてみてください涙が出ます134.png



ロンドンの街並みも匂いも音も空気も感じながら、
ゆっくりcamdenのパブへの途中に通った100club
e0298685_17441627.jpg
この日は黒人ジャズのイベント、
camdenのパブへ行きたかった理由があるので入店はせず、


そして行って見たかった
THE DUBLIN CASTLE
the vibratorsのdublinが時々ライブするパブなので行ってみたかったんです!
e0298685_17442309.jpg

その隣にはdublinが営むチャリティーショップがあります。
e0298685_17442187.jpg
チャリティーショップ閉店間際に到着、
店内覗くとdublin座ってました!
僕ら2人「うわ!おるやんっ!」
テンション上がりました!

e0298685_17442248.jpg
THE DUBLIN CASTLEの内観、
Blurが初めてギグをやった場所としても有名みたいです。

london callingの流れる店内、
4日目にして飲み慣れたギネスを音楽と一緒に味わいました。

the undertonesのteenage kicksや、
the only onesのanother girl another planetの流れる店内、
この地でこんな音楽聴きながらこんな飲み物飲んでる自分なんて
今まで想像も出来なかったなと思っていると

普通にdublin入店。
誰も何にも驚かないので普段も来てるのでしょう。
後ろの席に座ったので乾杯だけしました。
最高!!

そんな感じで帰りました!


帰る日の5日目は
お昼12時のフライトの為、
朝9時にホテルを出ました。
e0298685_17443231.jpg
帰国中の飛行機から見た空も素晴らしく綺麗でした!

福岡空港についてすぐに吉野家へ。
やっぱり日本も最高です。

ロンドンでバーキンばっかり食べたので帰ってきてすぐランニング行きました!
また若いうちに必ず行きたいロンドン!

憧れだったロンドンの良さも、
普段住んでることで気づかなかった日本の良さも、
しっかり感じれた旅行でした。

e0298685_20145265.jpg
有難うロンドン!お世話になりましたー!












by doctorfeelgood | 2018-10-03 20:18 | 日々の出来事 | Comments(0)

憧れのロンドン! 麗しのロンドン!


2018/9/26 (Wed)


いつもDoctorFeelgood BLOGをご覧下さいまして
誠に有難う御座います。


9/19から9/25までお休みを頂き、
憧れの地ロンドンへ行って参りました。


福岡空港→香港経由→ロンドンヒースロー空港
の流れで到着したロンドン。

9/20の1日目は、
20日の朝6時にヒースロー空港へ到着、
入国審査に手間取り朝8時過ぎにロンドン中心部へ着きました174.png

e0298685_17082760.jpg

拠点を置いたホテルは
ヒースロー空港から約1時間の場所、
ラッセルスクエアが最寄りの駅です。

e0298685_16212024.jpg
e0298685_16213019.jpg
e0298685_16213890.jpg
e0298685_16211619.jpg
食品からお土産まで並ぶ
日本で言う所のコンビニの様な売店、
タバコ1箱約二千円の物価です。

e0298685_16214839.jpg
e0298685_16222852.jpg
e0298685_16222326.jpg
チャーチルの愛した葉巻屋を経て、
ピカデリーアーケードを通ると突き当たりに立つ銅像、
当時のイギリスのファッション権威、
伊達男のジョージ・ブライアン・ブランメル。

e0298685_17444033.jpg
早めの時間帯からパブで頂く、
ギネスとロンドンプライド、
ロンドンの気温は
時間帯によっては10度を下回る事もあり、
街の人はダウンにマフラーの防寒着でした。

e0298685_18334826.jpg
e0298685_18335153.jpg
e0298685_18362639.jpg
e0298685_16215314.jpg
映画「Kingsman」のロケ地となった
高級テーラーの並ぶサヴィルロウ、
HUNTSMANにはKingsmanの看板もありました。

ロンドンでも度々写真を撮られたり、スナップを撮られたりと、
賛否両論、自分のスタイルに興味を持ってもらえた事が嬉しかったです。

サヴィルロウでは過去にマイケルジャクソンを
撮影したカメラマンにスナップしてもらいました。



e0298685_16231462.jpg
e0298685_16231180.jpg
e0298685_18050626.jpeg
e0298685_18051809.jpg
e0298685_17110686.jpg
e0298685_17110322.jpg
2日目の9/21はアビーロードスタジオへ、
The Beatles、Pink Floyd等々が録音したスタジオとして、
現在も有名アーティストが目掛けて訪れる名所です。

意外と交通量の多い、
「Abbey Road」のジャケットでも使われた横断歩道。
ロックの歴史、その聖地に自分がいると思うと、
最高にテンションが上がりました。
e0298685_17065670.jpg
e0298685_17070541.jpg
e0298685_17071086.jpg
次にノッティングヒルで開催されるマーケットへ、
映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台となったエリア、
色取り取りの建物と太陽がマッチングして、
日本には無い綺麗な街並みでした。

王道の定番スタイルでまとめたロンドン民とは違って、
マーケット周辺はアヴァンギャルドなファッションの方も多かったです。

e0298685_18462875.jpg
e0298685_18463183.jpg
e0298685_18524119.jpg
e0298685_18525261.jpg
e0298685_18524491.jpg
夜はタワーブリッジを抜けてバッキンガム宮殿へ、
彫刻物の多い建造物は夜に見ると
彫り深く影の浮いたまた異なる美しさを放ちます。

門には国獣、
宮殿頂上には風で揺れる王室旗と、
歴史を感じさせる堂々とした佇まいでした。

王室旗が立っている日は、
中に女王様もしくは王様が在宅している様です173.png




人も建物も華やかで綺麗なロンドン、
充分に飲食店も存在しますが生活してみると意外とサバイバル、
駅のトイレですらお金が掛かります。

黒人の高校生にタバコをせびられたり、
ホームレスに物乞いされたり、
アジア人という事で冷たくされたりと、
富裕層と貧困層の大きな差や人種で起きる問題も垣間見た2日間でした。


日本にいると気付かない、日本の良さも体感出来、
洋服を好きで楽しむ事も出来る幸せを有り難く思いました。


3日目と4日目はまた後日綴らせて頂きます174.png



ko-ya



















by doctorfeelgood | 2018-09-26 19:16 | 日々の出来事 | Comments(0)

私の休日、平和の為の戦争展 。


2018/8/23 (Thu)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。


昨日はお休みを頂き、
福岡で開催されている"平和の為の戦争展"に行ってきました。

毎年この季節は海水浴や花火大会の事よりも
戦争や核兵器、平和についての事を改めて考えてしまいます。

今回のBLOGは明るい記事では御座いませんが、
明るい未来を願って、個人の主張として、
昨日の"戦争の為の平和展"での展示物を少し載せさせて頂きます。

e0298685_13494841.jpg
e0298685_13494926.jpg
日中戦争、日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦等の戦時中写真、戦後写真等、
当事の町の状況や成人男性、成人女性、子供達の姿を見ることが出来ました。

e0298685_13495584.jpg
実際に投下された焼夷弾の展示物、
実際に触ることも出来、長さ50cm、ずっしりと重く、
この中に焼夷剤を入れて使用していたようです。

1発で2500m2の面積に被害が出ていたようです。

e0298685_13494916.jpg
いわさきちひろさんの水彩画も展示されておりました。

戦時下に青春時代を過ごしたいわさきさん、
第二次世界大戦が終わったのは26歳の時だそうです。

二度と戦争を起こしてはならないとの想いが、
戦争をテーマにした作品だけではなく、いわさきさんの全ての作品の根底にあるそうです。

e0298685_13495284.jpg

8月6日も8月9日も被爆73年と言ったテレビもあっておらず悲しくなりました。

まだまだ戦争や核について少しの知識と少しの事実しか知りませんが、
当事の方々が減っていく今だから、過去の過ちと真剣に向き合い、
正しい知識と平和の尊さを次世代に伝えていける人間になりたいです。

洋服に夢中でいれる事、皆様と好きな物を共有、共感させて頂ける事も、
この先も皆様と好きなものを楽しみ続ける事の出来る様に、
平和を叶え続ける為の自分の主義主張を持って生きていきたいです。

平和の為の戦争展はアクロス福岡2Fにて開催されております。
もし宜しければ足を運ばれてみて下さい。




ko-ya









by doctorfeelgood | 2018-08-23 16:42 | 日々の出来事 | Comments(0)

6月のFashion Customer!! (7月からAW立ち上がって参りますよ^^)


2018/6/29 (Fri)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。


本日のBLOGは久しぶりのFashion Customer164.png

天気も気持ちもどんよりだった6月、
それでも沢山のご来店を頂きました。皆様いつも本当に有難う御座います。

日中には早くも蝉の声が聞こえます。
もしかすると梅雨明けが近いのかも知れません174.png

そして7月からは2018AWコレクション立ち上がりとなります!
7月7日は待望のCHRISTIANDADA立ち上がりです!

Fashion Customer Men's 編
e0298685_16084783.png
@_freeroad_

FACETASM
2018aw pre
face denim JKT
&
FACETASM
2018ss
face socks

e0298685_16120593.jpg
@zakosefire

FACETASM
2018aw pre
painted sweater
&
99%is-
zip pants


e0298685_16124593.png
@ren.0925

JieDa
2018aw
western belt

e0298685_16132395.jpg
@go_nishida

99%is- DFG別注
punk is dad! parka

e0298685_16133345.png
JieDa
2018ss
renoma double JKT
&
fill the bill
painter denim pants

e0298685_16123208.png
e0298685_16124038.png
@8_kiryu

JieDa
2018ss
Rib Tiedy Big H/S Tee
&
JieDa
2018aw
checkerd tee



ブランドをお取り扱いさせて頂いておりますと、
いつからか、このブランドのイメージは何となくこんな感じ。
と定着しつつありますが、
その概念を払拭するオリジナル性の長けた皆様の着こなし。

"ファッションは自由だ"の定義を体現するお客様方です。
同じfashionloverとして誇らしく、また尊敬致します。

今の時代だからこそファッションを楽しんで行きましょう!
7月のDFGも宜しくお願い致します。

2018aw アイテム到着時にはinstagram、こちらのBLOGにてご紹介させて頂きます。



info
DoctorFeelgood
092-532-0200
お気軽にお問い合わせ下さいませ。


by doctorfeelgood | 2018-06-29 17:59 | 日々の出来事 | Comments(0)

服に気持ちを表してみましょう。 ko-ya


2018/5/9 (Wed)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。


2回目のBLOGは
ko-yaの私的fashion事情173.png


2018年3月でDFGスタッフとして3年目を迎えました。
3年の間で趣味思考と大きく変わり、
核である気持ちの部分はダイレクトにファッションと言う外見に現れます173.png

ファッションのヒントは専ら映画から、
約2時間の中で、ファッション然り様々な物を学べます。
感銘を受けた作品はチャールズチャップリンの街の灯、モダンタイムス。

ホームレスだけど紳士な彼が素晴らしく格好良く、
ジェントルメン調の映画を手に取るようになりました。

ドレス(スーツ)に決めた男性は格好良い!
e0298685_18425903.jpg
e0298685_16553588.jpg
e0298685_16553504.jpg
e0298685_16553584.jpeg
e0298685_19083130.jpg
e0298685_16553422.jpg

午前の装いはこうであって、午後からはこうで、こんなシチュエーションの為にこうで、、
精密に計算され、人の心の現れた装いはやっぱり究極であって原点。。
知れば知る程その魅力に、その文化に惹かれます。

重苦しいルールが嫌なんて良く聞きますが、私は逆の意見。
"マナーが紳士を作る"と言った言葉が有る様に、
外見から変化を持たせる事で心構え、思想、中身の面も変化して参ります。

マイブームは映画のちダウントンアビーの流れでの一日の締めくくり。

英国のお屋敷の中の色んなお話、
時代に沿って変わる女性と変わらない男性、、
ファッションも建造物もインテリアも全て面白いですよ166.png
e0298685_19173969.jpg

服が変われば心も変わり、心が変われば環境も変わります。
ライフスタイルに根付いた"衣"は先の未来まで変える程の魅力をもってますね!
それも映画から学んだ一つのヒント112.png


そして映画やドラマの、この人物の、あの悪役の、
気になるスーツは全て自身の身体に合わせたビスポーク物、
既製品のジャケットも勿論格好良いけど、自分の身体に合った一点も欲しい所ですね174.png



ko-ya

by doctorfeelgood | 2018-05-09 19:35 | 日々の出来事 | Comments(0)

ファッションを好きになったきっかけ。


2018/3/25 (Fri)


本日2度目のBLOGです。
宜しければ最後までご覧下さいませ。

先日、amiさんにおもしろかったよとお勧めされたBRUTUS 4月号、
店頭にて拝読してみました。

"服が人を作る。"と綴られた表紙、
2018春夏の洋服紹介も勿論掲載されてますが、

面白いなと思ったのは
50人のあらゆる業界の舵を切る男性達に問う
「僕はこれでファッションに目覚めた。」のコーナー。
e0298685_16413478.jpg
俳優やラッパー、ヘアスタイリストやショップオーナー等々、
十人十色のその目覚めとなったきっかけは日常の中にある些細な物や事からが多く、
ファッションに駆け出した当時ならではの甘酸っぱい思い出も掲載されてます。

忙しない毎日の中で当たり前にファッションが浸透したライフスタイルを送る今、
自分の「ファッションが好きになったきっかけ」や「目覚めたきっかけ」は何だったかなと振り返りました。

私の場合は抱えるコンプレックスだったり、周りよりも格好良く見られたいと言った気持ちが出発点でした。
地元のかっこいいと言われる先輩、友達はみんなキティちゃんジャージに健康サンダル、
原チャリor中型二輪(単車)に股がる眉毛極細の男を張ったるぜ!なライフスタイル。

トークで盛り上がるのは今月のチャンプロードのさ〜とか、
6組のあいつがこの前担任をさ〜とか、
地元のかっこいいに違和感を感じながらも、
それでも格好良く在りたい!の気持ちに、私はファッションを選択しました。
当時は有名ハイブランドもまともに知らず、
今とは全く持ってテイストの掛け離れたファッション誌を一人で読みふけって勉強してました。

周りに同じ話で盛り上がる友達もおらず、
友達といる時の表の顔と、ファッションとは何か、かっこいいとは何かを研究する裏の顔を持ってました(笑)
今振り返ると恥ずかし可愛いなと思いますが、
その時に感じたワクワクやドキドキが今日の自分を作っているのかなと思います。

完全に洋服が生活の一部に、
ファッションが自分のアイデンティティに、
人生のあれやこれやの軸になっている今、
もう一度当時に立ち返って、素直にドキドキやワクワクを味わおうと、
何でも出来る気がしたワクワクやドキドキを改めて大切にしていきたいです。

服屋として、日々店頭で皆様とお会いし、ファッションを共有させて頂いております。
日々行きている事は良い事ばかりでは無く、むしろ良く無い事の方が多いかも。。
だからこそ好きな物だけは楽しみたいって、好きな物だけは大切にしたいって、
何かイベント事のある毎に、毎週のお休みの日に、店頭に足を運んで下さる皆様。
服を見にいらして下さるその人生に置いてのワンシーンの中に、
私共が登場しているのならと考えた時、
自分が味わった、自分を導いた魔法の様なドキドキやワクワクを
人生のワンシーン、その一瞬の中に私共から皆様へ提供出来ればと考えます。


BRUTUSの
「僕はこれでファッションに目覚めた。」を読んで、
当時味わった思い出や、今ここにいる過程を振り返り、
一歩引いた視野で自分を見つめ直せました。

お店にいらした際は読んでみてほしいなあと思いました174.png



長々と長文で失礼しました。
ここまで目を通して頂き誠に有難う御座います。


ko-ya



by doctorfeelgood | 2018-03-25 20:47 | 日々の出来事 | Comments(0)

SAPEURS ファッションとその思想。


2018/1/30 (Tue)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。


1月も終盤、まだまだ凍る様な日が続きますが、
DFGは春夏物一色、心機一転の素晴らしい新作達をご用意致しております。



本日のBLOGは
昨年、世界を席巻したコンゴのお洒落紳士集団サプールについて。

今尚、内戦の続くコンゴ共和国、郊外バコンゴ地区に暮らすその人達は、
週末になるとカラフルなハイブランドスーツに身を包み、
メインストリートを優雅に歩き出します。
e0298685_13121605.jpg
e0298685_13125624.jpg

バコンゴ地区の人達は、サトウキビやパーム油、農畜産物を育てながら、
月給は300ドル程、日本円にて約32634円程、
何ヶ月もの給料を費やし、プラダやケンゾー等のスーツに身を包みます。

幾度と無く内戦の起こるコンゴでは、
その度に平和を願い、主張を続けるサプールの文化は切れそうになったそうです。
e0298685_13124447.jpg
e0298685_13130269.jpg
e0298685_13140572.jpg
e0298685_13122217.jpg
e0298685_13121139.jpg
「私達の武器はファッションを通して、己の思想を体現する事だ。」

「コンゴのサプールは、三度の食事にありつけなくても幸せなのです。
なぜなら、しかるべき衣服を着る事は精神を養い、身体を幸福で満たしてくれるから。」

とそのサプールの生き方に学びとファッションの可能性を感じました。

不自由無く生活の出来るこの日本、
あたりまえの事への感謝を再確認し、もっとファッションを楽しもうと思いました。
洋服は、自分の生き方に意味を見つける為のヒントをくれる物でもあり、
自分の中の主義主張を訴える事の出来る物でもあり、
言語の壁を越えて、世界の人間とコミュニケーションを図れるものでもあります。

私等が洋服を通して関係を築けた事も、
洋服の持つ素晴らしい何か、洋服の持つ可能性なのではと思います。


2月より各ブランド新作アイテム入荷致します。
2018ssシーズン、次の新作もファッションの楽しさ、面白さを
皆様と共有、共感させて頂けたらと思います。



ko-ya





by doctorfeelgood | 2018-01-30 14:35 | 日々の出来事 | Comments(0)

Fashion Customer!


2018/1/10 (Wed)


いつもDoctorFeelgoodBLOGをご覧下さいまして有難う御座います。



朝晩は雪が降り、寒期に入った今週。
冬の寒さはこれからが本番かもしれませんね147.png
皆様くれぐれも体調管理にはお気を付け下さいませ。


今回のBLOGはFashion Customer!

DFGでチョイスされたアイテムを
それぞれの着こなしで楽しんでおります。

e0298685_16353294.png
@ryohei_kz
e0298685_16353738.png
@ko__yo__
e0298685_16003531.png
@_freeroad_
e0298685_16003705.png
@middle__fingers
e0298685_16003212.png
@misuke_3in @_freeroad_
e0298685_16002746.png
@kntkfm
e0298685_16352894.png
@misuke_3in



その日のテーマを掲げ、
1点1点選んだアイテムで構築して、一日を作り、楽しんでおります。

"特別"をふんだんに使った様服をライフスタイルに組み込む。
それは一流を身にまとう事、センス、感度、良い物を見分ける目を養う。
自然と人間の中身の部分も磨かれて行くものだと思います。

安い洋服には安いなりの、高い洋服には高い理由があります。

無理してでも一流の洋服を着たいです。
それは一流を知って、一流を見分けて、一流を生み出せ、一流の人間になりたいから。


紹介しましたファッショニスタ達との出会いも、
きっかけは共通して洋服、一つの共通点でこんなにも深い関係になるとは思わなかったけど、
ずっと大切にしていきたいと思います。

改めて洋服の可能性って
本当に素晴らしいと思います。






by doctorfeelgood | 2018-01-10 17:49 | 日々の出来事 | Comments(0)

-謹賀新年-2018年も当店DoctorFeelgodを何卒宜しくお願い申し上げます。





謹賀新年
明けましておめでとうございます。
旧年中は大変にお世話になりました。
当店にとって節目の5年目、
本当に素晴らしい一年でございました。

当店にとりましての節目の5年目を迎えさせて頂く事が出来ましたのも、
日頃お世話になっております全てのお客様、
当店に商品をご提供して頂いております各ブランド様を始め、
当店に関わる全ての方々のお陰でございます。
この場をお借り致しまして、心より厚く厚く御礼を申し上げます。

6年目となります本年も、
昨年以上に気を抜かず、よりファッションを楽しむ事を心がけ、
ファッションの可能性を信じ、
ほんの少しでも皆さまのお役にたって頂けれる様に、
改めましてお一人お一人に合いましたサービスを心掛けまして、
これまで以上に真摯にお取り組みをさせて頂きますので、
月並みではございますが、
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。


e0298685_14573723.jpg
本年も皆様の、
ご健康とご健勝と、ご多幸多き一年であります様、
心よりお祈り致しております。

重ねまして、
本年2018年も当店[Doctor Feelgood]を宜しくお願い申し上げます。


[Doctor Feelgood]
前田 樹
前田 麻美
山尾 航也






by doctorfeelgood | 2018-01-03 15:03 | 日々の出来事 | Comments(0)