「白の宣言」

THURSDAY May 3






いつもdoctor feel good blogをご覧下さいまして誠に有難う御座います。
GWも後半といういつからが前半だったのかさえ知らないまま晴天に恵まれた今日。街ではお祭りやパレードで賑わっている筈だなと・・・

伝えたい事や紹介したい作品群はまだまだ沢山ありますが、今日は紹介出来ずにいた「LAMARCK ラマルク」を。


「白の宣言」
「芸術」を服に差し替えてイメージするとはどういう事なのか。飽きれる程難しい事だなと。デザイナー達が
コレクションを発表する度にコンセプトに打たれて感情移入を私はする。

LAMARCKの白は20世紀イタリアの美術家・彫刻家・画家。空間主義運動の創始者からのインスパイアだ。
(キャンバスを切り裂いて二次元・三次元の空間をとらえなおすなど、 新しい空間概念を追求した。)
e0298685_14053257.jpg
e0298685_14053112.jpg
e0298685_14054521.jpg
e0298685_14054504.jpg
e0298685_14053221.jpg
e0298685_14054477.jpg
e0298685_14054588.jpg
白を着る時は特別感がでる。
生成りでもなくベージュでもなく真っ白。
e0298685_14163865.jpg
e0298685_14164191.jpg
e0298685_14164242.jpg
e0298685_14162833.jpg

e0298685_14163923.jpg
e0298685_14163957.jpg
美しさを引き出してくれる。ラマルクの白。
デザインも過剰さはなくレイヤードや前後を変え着たりもできる。

どなたにもハマる「白」なのだ。
e0298685_14164808.jpg
e0298685_14164838.jpg
collection lookより。
e0298685_14215919.jpg
e0298685_14215980.jpg





open当初から扱っているブランドには勿論敬意と感謝が人知れずにある。
DFGの苦楽を見守ってくれていた。と言う私が勝手に思っている節もあるが兎に角私達には大きく有り難い存在。
特にladysはLAMARCK・MURRALがその筆頭である。妥協の無い物作りをするブランド。


だからこそ、実際着て触れて感じて頂きたい・・・。




忙しいや時間がないを理由に「芸術」に触れる機会を結構逃していた最近。

無理をおして限られた時間の中で「ミュシャ展」へ行って来た。
そこは、あまりにも美しい女性や少女達の画の空間。
e0298685_14235781.jpg
美しいものに触れるのは服であれ美術であれだれもが自由に楽しめる。
いつも思うがどうせなら良い物に触れておきたい。
e0298685_14240482.jpg
我が家にも。




by doctorfeelgood | 2018-05-03 14:28 | LAMARCK | Comments(0)
<< JieDaに着る夏着。 pick up!! JUVEN... >>